GAGA LIFE.

DBAブログ -APとロジックとAKがある-

QEP

Oracle 問合せ変換②-1 ビュー・マージ(Simple View Merging)

概要 Oracleの問合せ変換の中の「ビュー・マージ(View Merging)」について記載します。今回の実行例は、Simple View Mergingです。 Simple View Merging:単純な結合のクエリブロックをマージするために使用される Complex View Merging:集計を含むクエリブロ…

Oracle 問合せ変換① OR拡張

概要 Oracleの問合せ変換の中の「OR拡張(Or Expansion)」について記載します。 目的 WHERE句にORを含むSQLを1つまたは複数のUNION ALL集合演算子を使用する複合問合せに変換することで、追加の索引アクセス・パスを有効にするために適用される変換 実行例 --…

Oracle 問合せ変換(Query Transformation)

はじめに オプティマイザは、多数の問合せ変換を使用して、意味的には同等の新しいSQL文を生成します。 数あるOracleの問合せ変換について主要なものを整理しました。 以下でカテゴリ分けしています。 単純変換:No-brainer Transformations 集合と結合の変…

Oracle SQL処理フロー

SQL処理のフローを記載します。

Oracle 結合方法と結合タイプ

はじめに Oracleの結合方法/結合タイプについて記載します。 結合アルゴリズム 結合アルゴリズム 日本語 ヒント句 Nested Loops Joins ネステッド・ループ結合 USE_NL/NO_USE_NL/USE_NL_WITH_INDEX Hash Joins ハッシュ結合 USE_HASH/NO_USE_HASH Sort Merge…

Oracle B-treeインデックスアクセス

はじめに B-treeインデックスを使用したテーブルアクセスの方法についてまとめます。 B-treeインデックスアクセス方式 操作 ヒント 代替ヒント INDEX FULL SCAN INDEX INDEX FULL SCAN (MIN/MAX) INDEX INDEX FULL SCAN DESCENDING INDEX_DESC INDEX RANGE S…

Oracle EVENT 10053(CBOトレース)の出力例

ヘッダー(Oracle/OS/ロケーション/CPU/メモリ) Trace file /opt/oracle/diag/rdbms/ora12201/ora12201/trace/ora12201_ora_9374.trcOracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64bit ProductionBuild label: RDBMS_12.2.0.1.0_LINUX.X64_…

Oracle EVENT 10053(CBOトレース)の出力内容について

概要 10053のトレースファイルの内容はあまり文書化されておらず、各リリース毎に変更されています。今回は、バージョン12.2の環境で取得したトレース内容を確認しています。 出力の概要 トレースには以下のようなセクションが表示されています。 セクション…

Oracle アクセスパス

概要 Oracleのアクセス・パスについてのまとめアクセス・パスとは、データを取り出す方法のことです。 アクセス・パス一覧 分類 実行計画(Operation) 説明 Table TABLE ACCESS FULL 全表走査。HWM(High Water Mark)までの全てのブロックにアクセスし、全行を…

Oracle 実行計画解析のリファレンス

実行計画のビュー View Description V$SQL_SHARED_CURSOR 特定の子カーソルが既存の子カーソルと共有されない理由を示します。 それぞれの列は、カーソルが共有されない具体的な理由を示します。 USE_FEEDBACK_STATS列には、再最適化のために子カーソルが 一…

Oracle [12.2]SQLトレースの出力内容

12cR2より、SQLトレースの実行統計にstartsの情報が出力されるように追加修正されているようです。starts:実行計画内の各ステップでの実行回数を表示しています。 DBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSORで実行統計を表示した場合にも出力されます。 12.1 SQL ID: fb2bd…

Oracle 実行計画の確認方法(DBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSOR)

概要 SQLパフォーマンス調査で使用するDBMS_XPLANについてのまとめを記載します。 DBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSORについて過去にDatabaseで実行されたSQLの実行計画を確認することが可能です。 また、この機能を使用することでSQL文の実行計画とそのSQLを実行し…

Oracle SQL解析の前提知識(SQL_ID/PLAN_HASH_VALUE/CURSOR)

SQL_ID 各SQL文を識別するための文字列。 Oracleは実行されたSQL文を13桁の「文字列」で管理しています。この文字列のことをがSQL識別子(SQL_ID)と呼ばれます。 SQL_IDは、13文字の文字列で表される基数32の数字です。各文字は数字または32の小文字のいずれ…

Oracle 実行計画の取得方法の選択について

概要 Oracleで実行計画を取得する方法をまとめました。※普段は、SQLチューニング依頼を受けた場合にはDBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSORを使用しています。 方法 1.EXPLAIN PLAN+DBMS_XPLAN2.AUTOTRACE(SQL*Plus)3.DBMS_XPLANパッケージ(CURSOR/AWR)4.動的パフォー…