GAGA LIFE.

DBAブログ -APとロジックとAKがある-

VirtualBox ホストOSとゲストOSのファイル共有

概要

Windows10上で実行しているVirtualBoxで、ホストOSとゲストOS間で
ファイル共有を実施する手順を記載します(備忘)。
利用する機能は「共有フォルダー」機能です。

 

環境情報

ホストOS:Windows 10
VirtualBox:Ver 5.2.8
ゲストOS:CentOS 7 64bit

 

設定手順

1.Guest Additionsインストール(ゲスト側作業)

仮想マシンの起動

f:id:undercovergeek:20180511080342j:plain

対象仮想マシンを選択し、上部ツールバー「起動」をクリックします。

ゲストOSにrootユーザーでログインし、カーネルアップデートを実行し、終了後にREBOOT。

# yum update kernel
# reboot

 

再起動後、rootユーザーにてログイン。アップデートを実施し、必要なライブラリをインストール。

# yum update
# yum install gcc make bzip2 kernel-devel

 

f:id:undercovergeek:20180511075841j:plain

[デバイス]-->[Guest Additions CDイメージの挿入]を選択します。

セットしたGuest Additions CDイメージをマウントし、実行。
実行後、仮想マシンをシャットダウン。

# mount /dev/cdrom /mnt
# cd /mnt
# ./VBoxLinuxAdditions.run
# shutdown -h now


2.共有するフォルダを作成(ホスト側作業)

f:id:undercovergeek:20180511075845j:plain

Windows10(ホストOS)側のフォルダを任意の名称で(例:vbox_share)作成。

対象仮想マシンを選択し、上のツールバーの「設定」を押下。

 

f:id:undercovergeek:20180511075847j:plain

設定(共有フォルダ)ウィンドウの右端にある"+"ボタンを押下。

 

f:id:undercovergeek:20180511075850j:plain

共有フォルダーの追加で、下記のように設定後"OK"を押下。
  ・フォルダーのパス:Windows(ホスト)側で作成したディレクト
  ・フォルダー名:任意
  ・読み込み専用(R):チェックなし
  ・自動マウント(A):チェック
  ・永続化する(M):チェック


3.ゲストOSの設定(ゲスト側作業)
仮想マシンを起動して、rootユーザーにてログイン。
ここまでの作業が正常に実行できていれば/mediaに接頭辞"sf_"のディレクトリがマウントされているはずです。

# ll /media/
合計 4
drwxrwx---. 1 root vboxsf 4096 5月 4 14:56 sf_vbox_share


4.事後作業
既存ユーザーをvboxsfグループに追加し、有効にするため再起動。
※追加しない場合、rootもしくはvboxsfグループ所属ユーザーのみアクセス可能

# gpasswd -a oracle vboxsf
# reboot