GAGA LIFE.

DBAブログ

Oracle オブジェクト統計

概要

統計情報の管理や、統計情報の不備による実行計画変化で性能劣化を招いた場合の対処として、オブジェクト統計に関する知識は必須なため、 その知識習得のキッカケとして種類や確認するビューなどを記載します。

  • オブジェクト統計には、下記の3種類があります。
    • 表統計
    • 列統計
    • 索引統計
  • さらに各タイプには、下記の3つのタイプがあります。
    • 表/索引レベルの統計
    • パーティション・レベルの統計
    • サブパーティション・レベルの統計 パーティションとサブパーティションの統計は、オブジェクトがそれぞれ分割され、サブパーティション化されている場合にのみ存在します。

オブジェクト統計は、下記の表のようなデータ・ディクショナリ・ビューに表示されます。
各ビューには、dba_all_、がそれぞれ存在しています。
また、12.1マルチテナント環境では、dba_tab_statistics/all_tab_statistics/cdb_tab_statistics等のcdbバージョンもあります。

オブジェクト統計に関するデータ・ディクショナリ・ビュー

Object Table/Index-Level Statistics Partition-Level Statistics Subpartition-Level Statistics
Tables user_tab_statistics user_tab_statistics user_tab_statistics
Indexes user_ind_statistics user_ind_statistics user_ind_statistics
Columns user_tab_col_statistics
user_tab_histgrams
user_part_col_statistics
user_part_histgrams
user_subpart_col_statistics
user_subpart_histgrams

参考資料

Troubleshooting Oracle Performance, Second Edition
Oracle® Databaseリファレンス 12cリリース2 (12.2)
https://docs.oracle.com/cd/E82638_01/REFRN/toc.htm